凛と柔く

芯をもってしなやかに、じぶん基準で生きる

自分のことが腑に落ちる -ストレングスファインダー-

f:id:kocchi130:20160410213134j:plain

先日行った、ストレングファインダー®(以下“SF”とします)のテスト結果で、自分の5つの「強み」を知ることができました。せっかくなので、もう少し掘り下げてみます。

完全に私的なことなので、お忙しい方はそっと他のページへ移ってくださいね。

 

結果を知ってから過去のことなどふと頭をよぎるのですが、幼いころの行動や人と違っていて戸惑ったことなど、この「強み」に絡めて考えると、ストンと腑に落ちることが多くありました。

 

なお、SFの本の説明文は長いので、わかりやすくまとめてくれているこちらサイトからも引用したいと思います。

xn--bckg8a9ab8bxc5fpjscf3i.com

 

 

今の私に一番当てはまるのは「収集心」

私の「強み」は下の5つでした。

(番号順に最も特徴的(優先度の高い思考、感情、行動のパターン)な資質)

 

1.適応性

2.収集心

3.達成欲

4.内省

5.共感性

 

どれも詳細説明を読むとその通りだと思うものばかりなのだけど、この中で私を一番自分を現している気がするのは「収集心」です。

SFの本から「収集心」の説明を引用してみます。

 

-----------------------

 

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。

 

あなたが収集するのは情報-言葉、事実、書籍、引用文-かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。

集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を惹かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。

 

世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。

もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。

もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。

 

これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか?

保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているというのでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。

 

ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

 

-----------------------

 

うーん、長い。わかりにくい(笑)

それでも、そのとおり!と思うところが数箇所あったので、太字にしてみました。

続いては、前述のサイトから。 

 

-----------------------

 

【収集】の強みを持つ人に見られる特徴

  1. 生来の性質として、あなたは【収集】それ自体に純粋に楽しみを見出す。
  2. おそらく、あなたは本や新聞や雑誌等を行列に並んだときのため、一人で食事をするときのため、見知らぬ人の隣に座ったときのために持ち歩いているだろう。
  3. 多くの場合、活字があなたの精神に対して栄養を与える。その結果、あなたは、他の人にとって独創的だと感じるような特定の種類の計画やプログラムやデザインや活動を生み出しうる。
  4. あなたは時折、大きな戦争について学ぶ傾向がある。何人かの人がこのようなトピックに対して退屈さやイライラを感じる一方で、あなたはそれを魅力的に感じることがあるだろう。
  5. もしあなたが特定の地球的な争いについて学んだならば、多分あなたはそれについて更なる情報を集めたいという衝動に駆られるだろう。
  6. 一つの本や記事が、あなたを別の本や記事へといざなうことが多い。
  7. あなたは、時々、あなたの目の前の印刷されたページ上で展開される人間の物語を疑似体験することがある。
  8. 本能的に、あなたはあなたに対して「達成したいこと」を話してくれるような特定のタイプの人々と友達になりやすいと感じるだろう。また、その人たちをより良く知るために、あなたはいくつかの本や、雑誌や、新聞や書状や、インターネットのサイトを彼らの関心ごとに関する知識を広めるために読むかもしれない。
  9. 人々をゴールに近づくのを補助するような知識を分け与えることができるようになったとき、あなたはお互いをよりよく理解出来るようになるだろう。
  10. あなたの強みにより、あなたは示唆に富む刺激的な会話の中心に入り込める。
  11. あなたは理論的に話す。それは、あなたがまだ発明や証明、製造や実行の前段階にある事柄について話すことができることを意味する。
  12. あなたの語彙は、あなたの思考と同じくらい複雑なものである。このことは、あなたがずらりと並んだ洞察や概念、哲学について詳細に考えられることを説明する。
  13. あなたは、即座にあなたの洗練された言葉の意味を把握出来る人と会話をすることを好む。
  14. あなたの才能に突き動かされ、あなたは時にグループでの集会で議論されるべきトピックスについて読み、多くの情報を収集する。
  15. あなたが、準備的な読書やリサーチなどの宿題を全てやってくれるだろうと頼る人たちが居るだろう。そのお陰で、その人達はそれについて全く心配する必要がない。

 

-----------------------

 

収集の特徴・・・・多すぎない!?笑

太字は当てはまると思う部分。赤字は強みの活かし方。

 

なぜこの特徴を「収集」と名づけたのかよくわからないのだけど、「言語」とか「知識」に関する強みっぽい。だとしたらドンピシャです。

物心ついたころから本、というか、活字が大好物でした!

 

13.の項目なんて、あたりすぎ!

夫の好きなところのひとつが「一緒に言葉遊び(会話や言葉の音の響きで遊ぶこと)ができるところ」なぐらいですから。

でも、夫とはできる言葉遊びが、他の人とはほぼできなかった気がします。

遊びを持ちかけようという意図を持って話しても、反応してもらえないことがほとんどでした。ってことは、もしかして夫も「収集心」もっているのかな?

 

 

一番腑に落ちたのは「共感性」

昔から、人の性格や思っていることが早い段階でわかる方でした。

語彙が増えてきてからは、何を言えば相手を一瞬で深く傷つけることができるか、怒らせることができるかがわかりました。実際、意図的にその言葉を投げかけたこともありました。(相当嫌なヤツですね)

 

また、すごく苦手な人なのに、その人が今何を考えていて次にどう動くのか、わかります。自分とは全く思考が異なるタイプで、苦手だしわかりたくもないのに、です。

 

これらはもしかして「共感性」のせいだったのかな と腑に落ちました。

以下、SFからの引用です。

 

-----------------------

 

あなたは周囲の人の感情を察することができます。

彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。本能的に彼らの眼で世の中を見ることができ、彼らの見方を理解できるのです。

 

あなたは必ずしもそれぞれの人の物の見方に賛成するわけではありません。必ずしも一人ひとりの困難な状況を哀れむわけではありません――哀れむのは、共感ではなく同情でしょう。

あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します。そして、この本能的な能力は素晴らしい力を持っています。

 

あなたには言葉に表せない問いかけが感じられます。あなたは人々が必要としていることが分かります。

他の人が言葉を探して苦労しているとき、あなたには適切な言葉や適切な言葉のトーンが自然に出てくるのです。

あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。あなたは、彼らが感じていることを表現するのを手助けします。

この素晴らしい力によって、人はあなたに惹かれるのです。

 

-----------------------

 

こちらは、まとめサイトからの引用です。

 

-----------------------

 

【共感性】の強みを持つ人に見られる特徴

  1. 本能的に、ほぼ全ての人に対して慈しみの感情を持ち、結果として人々を惹き付ける。
  2. 人から「他人のその時々の感情や思考、経験を理解している」と感じられる。
  3. あなたの「感情を察知する能力」や「人の考えに傾聴する能力」が賞賛されやすい。
  4. 恐らく、あなたは"Still Waters run deep(とどまる水は深くしみ込む=物静かな人は思慮深い)"という諺を体現している。
  5. 他人に対して「真面目で品位のある人」という印象を受けやすい。
  6. あなたの鋭く明瞭な視点は、特定の人には利益となる。
  7. 他人が心の奥底にある思考や感情に対して明確な表現を与える能力に長ける。
  8. 他の人が「あなたに話を聞いてもらいたがっていること」を知るのが好きである。
  9. 他の人があなたにアドバイスを求めていることを認識している。
  10. 生まれつき、「出しゃばり」や「攻撃的」、「支配的」な人から距離をとる傾向がある。恐らく、彼らの言葉や非言語的な態度であなたは不快感を覚えるだろう。
  11. 何か特別な事態が起こったときに「その時に自身がどう感じていたのか」を省みることがある。
  12. おそらく、あなたの感情的な気づきはあなたの思考に鋭敏さをもたらす。
  13. 頭と心で考えるようにすると、よりよい結果を生みやすい。

 

-----------------------

 

すごい。不思議だったことがわかった。

共感性の強みを持っている人に会って話してみたい! 同調できそうです。

 

 

噂どおりすごいヤツだった、SF!

初めはほんとにあたってるのか半信半疑でしたけど、いざ結果が出てきて、さらにそれを自分の中で咀嚼して今までの自分と照らし合わせると、言い当てられすぎて気持ち悪いぐらいでした。

紹介しなかった残り3つについても、確かにあたっていますからね。。。

 

これだけあたっているということは、うまく利用していけば本当の意味の「強み

」になると感じました。転職もありだな~と考え出したこのタイミングでSFを知り、やってみて、よかったと思います。

 

もし自分のことをもっと知りたいと思う人、特に、弱点を克服するより長所を伸ばしたい!と考える人にはお勧めです!1,700円程度で知れるので、コスパいいと思いますよ^^

  

 

以下には私的メモとして、先の2項目と残り3項目の引用を入れておこうと思います。お暇な方だけ見てみてね!

  

  

適応性

あなたにとって今この瞬間が最も重要です。あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。

 

つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。

 

突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。

 

あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。

 

【適応性】の強みを持つ人に見られる特徴 

  1. 「今この瞬間」を最も重要なものと考える。
  2. 将来は決まりきったものではなく、今現在の選択の積み重ねで変化するものだと考える傾向にある。
  3. 決して「無計画」というわけではない、ただ計画が予定通りに進まなかったとしても【適応性】という強みによってその時々の状況の変化に容易に対応出来る。
  4. 突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨することはほとんどなく、むしろそれを期待していたり、楽しんだり出来る。
  5. 生まれつきの柔軟性を備えており、同時にいくつものことをこなす状況においても高い生産性を保つことが出来る。

 

 

収集心

【収集】が強み人のための行動アイデア

  1. 毎日新たな情報を獲得することであなた自身が変化する仕事を探しましょう。例えば、教育や研究や、ジャーナリズムなどが良いでしょう。

  2. 情報を溜め込み、容易に場所が分かるようになるシステムを考案しましょう。それは、あなたがクリップした全ての記事のファイルのようにシンプルであり、コンピュータデータベースのように洗練されたものとなりうるでしょう。

  3. 【目標思考】や【規律性】の強みを持つ人と付き合いましょう。この人たちは、あなたの「色々なことを知りたがる性質」が「好奇心をそそるが、本筋からはそれるような道」に迷い込みそうになったときに、正しい道にとどまらせてくれます。

  4. あなたの精神はオープンな状態で、なんでも吸収します。あなたは、スポンジが水を吸収するように、情報を様々な方法で自然に吸収します。しかしながら、スポンジの本来の目的が「吸収した水を永続的に溜め込んでおくこと」ではないように、あなたの精神もただ情報を溜め込むべきではありません。アウトプットの無いインプットは停滞を招きます。情報を集め、吸収したのならば、あなたの知識が最も利益となりうるような個人や集団に注意を向け、彼らにそれを共有するようにしましょう。

  5. あなたは自然と並外れた量の事実やデータやアイデアを保持する傾向があります。もしそうであれば、エキスパートの立場になることを恐れないでください。あなたの【収集】の才能に素直に従えば、あなたはその分野の権威として知られるようになることが可能です。

  6. あなたは、「単なる情報の収集者」以上のものにならなくてはならないことに気をつけてください。ときに、あなたは知識を活用し、行動に移すことが必要になるでしょう。他の人にとって有益となりうる事実やデータを特定し、それを彼らの利益のために活用するよう心掛けましょう。

  7. あなたの専門の領域を明確にし、それについての更なる情報を積極的に探しましょう。

  8. あなたを刺激する本や記事を読むスケジュールを立てましょう。

  9. 計画的にあなたの語彙を増やしましょう。新たな言葉を集め、それらの意味について学びましょう。

  10. あなたの集めた情報を他の人たちと共有出来るようなシチュエーションを探しましょう。また、あなたの友達や同僚に、「あなたは質問に答えることに楽しさを感じる」ことを知らせましょう。

 

【収集】を強みに持つ人の「適職」について

収集を強みとする人には、

  1. 自らが興味をもった事柄に対する情報収集力に長ける
  2. 溜め込んだ情報を整理・発信して活かすシステム作りによって成功につながることが多い
  3. 豊富な知識量を活かすことで特定の物事に関するエキスパートとして認められることが多い

といった特徴が多く見られる傾向にあります。
上記の特徴から、「収集を強みとする人にとっての適職」は、

  • 自らが興味関心を持った事柄に関する知識を日々獲得し、それらを整理・発信することによって成果につながる仕事

であると考えられます。 

 

 

達成欲

「達成欲」という資質は、あなたの原動力をうまく説明してくれます。

「達成欲」には、常に何かを成し遂げている必要がある、という特徴があります。

 

あなたには、毎日がゼロからのスタートのように感じられます。あなたは自分自身に満足するために、一日が終わるまでに何か具体的ことを成し遂げなければなりません。そしてあなたにとって「毎日」とは、平日も週末も休日もすべてを含めた一日一日を意味します。どんなに今日は休もうと思っていたとしても、何も達成することなくその日が過ぎてしまうと、あなたにはわずかにでも満たされない思いが残るでしょう。

 

あなたの中には炎が燃えています。それが次から次へとあなたを行動に駆り立て、達成させて行きます。ひとつ何かを成し遂げるとその炎は一瞬しずまりますが、またすぐに燃え出し、次の目標へまた次の目標へと、あなたを前進させ続けます。

達成に対するあなたの絶え間ない欲求は、かならずしも論理にかなっていないかもしれません。方向すら定まっていないかもしれません。しかし、常にあなたについて回ります。

 

達成欲の旺盛なあなたは、このわずかに満たされない気持ちとうまくつきあっていけるようにしなければなりません。この気持ちにはは利点があるからです。

長い時間燃え尽きることなく働くために必要なエネルギーを、あなたに与えてくれます。新しい仕事やむずかしい仕事に取りかかる時、いつでも頼ることができる起爆剤なのです。これがエネルギーの源となって、あなたは職場のペースメーカーとなり、生産性のレベルを上げることができます。これが、あなたを動かし続ける資質なのです。

 

【達成欲】の強みを持つ人に見られる特徴

  1. 「何かを成し遂げたい」という恒常的な欲求を原動力として備える。
  2. 毎日がゼロからのスタートのように感じられ、一日というスパンの中でも何か具体的なことを達成せずにはいられない。
  3. 休日であっても、何事も無く一日が過ぎてしまうと不満を感じる傾向がある。
  4. 【達成欲】に駆り立てられ、次から次へと行動したいと感じる。
  5. 【達成欲】によって生じる欲求は、否応無しにわいてくるものであり、必ずしも論理にかなっていなかったり、方向がさだまっていなかったりする。この「わずかに満たされない気持ち」に上手くつき合う術を身につけるべし。
  6. 例えば、新しい仕事や難しい仕事にとりかかるときの起爆剤としての役目として利用するのが有用である。このエネルギーを源にして、あなたは職場のチームの働くペースを定めたり、生産性のレベルを定めたりすることができる。

 

 

内省

あなたは考えることが好きです。あなたは頭脳活動を好みます。あなたは脳を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。

 

あなたが頭を働かせている方向は、例えば問題を解こうとしているのかもしれないし、アイデアを考え出そうとしているのかもしれないし、あるいはほかの人の感情を理解しようとしているのかもしれません。何に集中しているかは、あなたのほかの強みによるでしょう。

 

一方では、頭を働かせている方向は一点に定まっていない可能性もあります。「内省」の資質は、あなたが何を考えているかというところまで影響するわけではありません。単に、あなたは考えることが好きだということを意味しているだけです。

 

あなたは独りの時間を楽しむ類の人です。なぜなら、独りでいる時間は、黙想し内省するための時間だからです。あなたは内省的です。ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。

 

あなたは自分自身にいろいろな質問を投げ掛け、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討します。この内省作業により、あなたは実際に行っていることと頭の中で考えて検討したことと比べた時、若干不満を覚えるかもしれません。

あるいはこの内省作業は、その日の出来事や、予定している人との会話などといったような、より現実的な事柄に向かうかもしれません。それがどの方向にあなたを導くにしても、この頭の中でのやりとりはあなたの人生で変わらぬもののひとつです。

 

【内省】の強みを持つ人に見られる特徴

  1. 頭脳活動が好きで、考えることを好む。
  2. 問題を解くにせよ、アイデアを出すにせよ、他人の感情を理解するにせよ、脳を刺激して縦横無尽に働かせる活動をやりたいと感じる。
  3. 何に思考を集中するかは、あなたの自身の「ほかの強み」によることが多い。
  4. 一人での時間を大切にし、楽しむ傾向がある。
  5. 【内省】という資質により、実際の行動と頭の中で検討したこととのギャップに不満を感じることがあるかもしれない。

 

【内省】を強みに持つ人の「適職」について

内省を強みとする人には、

  1. ひとつの物事に集中し、思考をめぐらせることを好む
  2. 短期的な成果よりも長期的な成果に貢献するような構想・プランニングに適性があること多い
  3. 思考をアウトプットしたり、行動へと繋げる仕組みづくりをすることで成功につながりやすい

といった特徴が多く見られる傾向にあります。

上記の特徴から、「内省を強みとする人にとっての適職」は、

  • 物事の本質的な目的や目標に着目し、深く思考した上で長期的なプランを立てる仕事

であると考えられます。

 

例えば計画や企画部門の仕事ならば、企業が目指すべき本質的な目的に沿った事業計画を立てることに貢献できるでしょう。

あなたが深く思考できる事柄はあなたのほかの【強み】を反映したものであるケースが多いため、【内省】以外の【強み】について考えてみるのも良いでしょう。

 

一方で、【内省】を強みとする人は思考を「行動」へと繋げることを不得手とするケースがしばしば見られるようです。そのため、自らの思考を定期的にアウトプットしたり、思考内容を実践する仕組みづくりをすることで成功へと繋がるケースが多いということを頭に入れておきましょう。

 

 

 共感性

【共感性】が強み人のための行動アイデア

  1. あなたの仲間の一人が困難な状況にいるとき、あなたの友達や同僚がそれに気づけるようにサポートしましょう。ほとんど人は、敏感な状況に気づけるだけの能力を持ち合わせていないことを覚えておいてください
  2. もし誰かが、彼らや他の人にとって良くない方法で振るまっていたら、素早く慎重に行動しましょう。相手の感情を理解することと、相手の振る舞いを許すことはイコールではありません。あなたの共感が同情に変わったとき、人はあなたを「大げさな同情屋(bleeding heart)」と見るかも知れないことに気をつけましょう。
  3. 強い【指令性】や【活発性】を持つ人とパートナーになりましょう。結果的に人々の感情が傷つくかもしれない場合でも、その人達はあなたに必要な行動をとるように促してくれます。
  4. 親友やメンターとして他人に仕えることを考えましょう。信頼はあなたにとって最高のものであるため、人々は必要性を持ってあなたに近づくことを心地よいと感じます。あなたの献身や真に人の助けになりたいという望みは大変価値のあるものです。
  5. 他人に対する共感は、ときにあなたを圧倒するかもしれません。一日の終わりに「その日の仕事が終わった」ことを知らせる儀式を考え、実行しましょう。それにより、あなたの感情は守られ、燃え尽きを防ぐことができます。
  6. 強い【共感性】の才能をもつ友達を見つけ、彼らとあなたの意見を照らし合わせてみましょう。
  7. あなたの才能を、理解と相互補助の橋を架けるために使いましょう。あなたの気遣いを実証し、それによって忠誠心が築かれるため、挑戦のタイミングにおいて、あなたの【共感性】はとりわけ重要になります。
  8. 他人の幸せがあなたに楽しみをもたらすことを観察しましょう。他人の成功を強調したり、彼らの成果を強化したりする機会によってあなたは調律されます。それぞれの機会で、感謝や承認の優しい言葉をかけましょう。そうすることで、あなたは深淵で魅了的な印象を与えることになるでしょう
  9. あなたは「他人がどう感じているのか」を観察しているため、今現在何が起こっているのかを、それが周知の事実となる前に直観することがあります。あなたの直観はときにただの勘(hunches)にしか過ぎない場合もありますが、それらに注意を払っておいてください。それは後になって価値のある財産だということがわかるかもしれません。
  10. 共感は、ときに言葉を一切必要としないものです。思いやりのある身振りが、相手の不安を無くすために必要なものかもしれません。あなたの【共感性】を目配せや笑顔、腕をポンとかるく叩くなどの非言語的な方法で人を安心させるために使いましょう。

 

【共感性】を強みに持つ人の「適職」について

共感性を強みとする人には、

  1. 人の気持ちや感情を察知したり、傾聴力に長ける。
  2. 他の人の幸せや笑顔によって自らも力を与えられ、幸せを感じられる。
  3. 自然と周囲の人の役に立つ行動を取ることができる。
  4. 場の空気を読む力に長けるため、サポート役としても高い能力を発揮する。

といった特徴が多く見られる傾向にあります。

上記の特徴から、「共感性を強みとする人にとっての適職」は、

  • 人の気持ちや感情を敏感に察知し、それに対して適切な行動をとることで人を幸せな気持ちにしたり、笑顔にすることができる仕事

であると考えられます。

 

一例を挙げるならば、接客などの対面営業や、カウンセラーなどのアドバイザー系の仕事、結婚式などのイベントプランナーやスタッフ、人の気持ちに寄り添う医療や介護系の仕事などが適していると言えるでしょう。