凛と柔く

日々のアレコレ

図書館利用のススメ

私の人生、図書館なしには語れません。

少学校~高校の図書館に始まり、県や市の図書館まで、私と図書館の歴史は長いのです。いまはミニマムライフが流行っている(?)ので、利用されて方も多そうですね。

私は小学生の頃から快適な図書館ライフを過ごしてきたので、その素晴らしさを語りたいと思います!

 

f:id:kocchi130:20160512000018j:plain

 

図書館は進化した!

私が小学生の頃(25年ほど前?かな?)、図書館は結構不便でした。まだパソコンでの管理がされていなくて、ラベルも手書きでしたし、電子メールもインターネットも普及していなかった。なので、本を探すのも、借りるのも面倒でした。

 

それが今はすごい!

蔵書管理はパソコンで行われているので、貸し出し管理や検索なんてすぐできちゃいます。ましてや、登録しておけばネットでの蔵書検索、予約もできるし、予約した本が貸し出し可能になったときは、メール連絡してもらうことだってできちゃう!

本屋で気になる本を見つけたら、その場でスマホを使って図書館の蔵書検索から予約までできちゃうんです。まるでAmazon楽天かって感じです。

 

あと、今の会社に入社するまで知らなかったのですが、図書館のある自治体に住んでいなくても、利用者登録ができます!(自治体によるかもしれないので、ご確認ください)なので、通勤時に寄ることができる図書館に登録して、便利に利用していました。

 

こんなに便利になった図書館、利用しないと損です!

 

 

図書館を利用するメリット

お金の節約になる

本って結構高いです。ハードカバーになると2,000円近く払うことになります。かと言って、文庫化するのをまっていると読みたいときに読みたいものが読めない。 

そんなときこそ図書館の出番!

最近の図書館は館内に検索端末が設置されているだろうし、ないとしてもリファレンスサービスを利用すれば、読みたい本があるかどうか確認できます。

確認してみて、希望の本があれば儲けもの!さっと借りてしまえば、無料で本が読めちゃいます。

 

保管場所を確保する必要がない

本を購入すると、自分のものとして所有することになります。ということは、手元に置いておく為の保管場所が必要になる。

これが結構くせ者です。本って案外嵩張って、保管場所に多大なスペースを使ってしまうのです。

でも図書館を利用していれば、そんなこと考える必要がない!だって手元にあるのは借用期間だけですから、いずれ返却しちゃうんです。

 

とりあえず読んでみて判断できる

本屋さんで見かけて気になって、さらにパラパラと中を見てみて、「これほしい!!」ってなったとします。でもその前に、ちょっとまてと。一度図書館で借りてしっかり読んでみようと。私の場合はそうなります。

 

そして図書館で借り、しっかり読んだ結果、結局それで満足して買わなかった本はたくさんあります。もちろん、やっぱり手元に欲しいとお思い、購入した本もあります。

つまり、本屋さんで「これはいい本だ!」ってテンション上がってしまったものの、実際は一度読んでしまえば満足するものがたくさんあったのです。図書館の本で一度クールダウンできたことで、前述のようにお金と保管スペースを必要以上に使うことを防ぐことができたということです。

 

普段は手にしないジャンルの本が気軽に読める

たとえば私は、数年前まではフィクションの刑事ものや探偵もの、推理ものは読みませんでした(単に好みの問題です)。でも、ふと読んでみようかと思い立ち、借りてみたことがあります。その借りた本がとても面白くて、今では以前まで好みではなかったジャンルの本も読むようになったのです。

 

これが、図書館で借りたものではなく購入したものだった場合。面白くて満足できれば問題ないですが、もしも面白くなくて「失敗した~!」って思ってしまった場合。おそらく購入したお金を無駄だったと感じてしまったと思います。

無料で借りることができる図書館だからこそ、普段手にしないようなものにも気軽にチャレンジできたのだと思っています。

 

 

図書館を利用するデメリット

メリットばかりではないのは事実。

今までに私が感じたものを含め、デメリットを挙げてみます。

 

図書館に足を運ぶ必要がある

当たり前ですが、図書館の本は図書館へ行かなければ借りることができません。これを面倒に思う人が多いのではないでしょうか。

私も返却期限を過ぎてしまうことが時々ありますが、返却に行くのが面倒に感じてしまっているからだと思います。

 

【攻略ポイント】

しかしこのデメリット、自治体次第で攻略することもできます。

私が住んでいる市では図書館運営に意欲的なのか、本を借りることができる場所も、返却する場所も非常にたくさんあります(というか増えました)。

 

返却にいたっては、図書館そのものに時間外返却用ポストがあるのはもちろん、なんと近所の大きい駅にも返却ポストができました。市もがんばっているな~と感じます。

自治体の予算や規模にもよると思いますが、借りれる場所、返却できる場所が何箇所もあるかもしれないので、この部分で利用を躊躇されている方は、ぜひ自治体のHPなんかで調べてみて欲しいです。

 

読みたい本が必ずあるわけではない

どういう基準で購入される本が決定されているのかは知らないのですが、当然、自分が読みたい本があるとは限りません。私も、読みたい本を検索してもなかったことが多々あります。

ないものは借りることもできない。これはどうしようもないです。

 

【攻略ポイント】

これも、2つの攻略ポイントがあると思います。

 

まずは、図書館に購入リクエストを出す。すぐに購入されると言う保障はありませんが、もしかしてリクエストが採用されるかもしれませんので、出してみて損はないと思います。

 

次に、いくつかの図書館を利用すること。私の場合は、現在住んでいる市と、県立図書館の2箇所に登録しています。

自治体の図書館になければ、県立図書館でも検索してみます。そしてもしも県のほうにあれば、そちらに借りにいく。本屋さんを2軒はしごする感覚ですね。

 

そういえば以前、借りた本に県内の全く違う自治体のスタンプが押してあったのです。そして借りるときにも「××市の本ですので、返却期限は厳守で!」ということを言われたことが!

もしかして提携している自治体間で本の行き来があるのかもしれません。

また、県立のほうから市のほうへ本を貸し、それを借りることができる みたいな記述を図書館HPで見かけた気もします。

図書館も期待に応えようと案外がんばってますよ(笑)

 

借りたい本がすぐ借りれるとは限らない

これはあれですね、DVDレンタルと同じです。他の人に貸出中の時は、返却されるまで借りることはできません。その時は予約をしておとなしく待つしかないです。

かくいう私も、かの人気本「フランス人は10着しか服を持たない」を予約したことがありますが、半年ほど待った記憶が(笑)

これは攻略できません。あえて言うなら、すぐ読みたい本はあきらめて買う。これしかないですね!

 

本が新品ではない

稀に新品の本に出会うこともありますが、大体は、今まで何人かもしくは何十、何百という人が手にしてきた本を借りることになります。

おそらく、某中古本を売っているお店のように、殺菌消毒なんてしていないのではと思います。なので、潔癖症の方には辛いかもしれないです。私はあまり気にしたことはないので、デメリットと思うことはないですが、人によっては、これもデメリットとなるのかも。

 

 

図書館の周りは自然が多い

これは図書館そのものについてではないのですが・・・。

 

自治体が運営している図書館は、結構な割合で公園などの自然が多い場所に設置されている気がします。

私が利用している市の図書館も、県の図書館も、大きな公園に併設されています。図書館に向かうときにそこを見て通るので、心が癒されます。

お子さんを連れてきている方も多く、図書館内だけでなく公園で多くの子供が遊んでいます。憩いの場所って感じで、図書館周りの環境がとても好きです。

 

 

本を借りるだけじゃない

図書館は、本を借りるだけの場所ではないです。

閲覧コーナーもあるし、勉強できるスペースも多くとってある。学生の頃の勉強も資格取得の勉強も、図書館でしたものです。

そして私が行く市の図書館では、キッズスペースが広く取ってあり、平日の昼間はそこで読み聞かせが行われていたりするみたいです。子供用の紙芝居も絵本もいっぱいあるし、もし子供ができたら休みの日はぜひ利用したいと思うほどです!

 

自治体によって特色はあるかもしれないですが、本が置いてあるだけじゃないってことも知ってもらえると、遊びに行く感覚で利用できるのではないかなぁ?

 

 

まとめ

図書館、結構いいと思いますよ~!利用しだすと、図書館が私の本棚です!!ぐらいの気持ちになっちゃいます^^

本に埋もれてしまっている方、ミニマムライフを送りたい方、本にお金を使いすぎてつらい方、ぜひぜひ利用を視野に入れてみてください!

ま、図書館になくて、でもどうしても読みたいって本があったら、最終的に買うしかないんですけどね~(笑)