読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凛と柔く。

既婚/子なし/会社員/女(35歳)/ 日常を綴るブログ

とっても簡単!手軽に買える無水エタノールでメイクブラシを洗う。

ブログを書くとき、ネタは誰かしらの役に立つように、内容も読みごたえのあるものに(最低3,000文字目標)、そして自分だけにしか発信できないものを!と、結構身構えてしまう私です。

でも案外、気楽な内容でポンっとアップされているブロガーさんたちも多くて、自分もそんなに身構えなくてもいいのではないかと思えるようになってきました。

 

とはいえ、自分が活字中毒並みに「読む」ことが好きなので、どちらかというとボリューム満点なものを好むせいもあり、どうしても長文が多くなってしまうのです( ̄ー ̄; 皆が長文好きなわけではないよな~と思いつつ、なかなか脱却できないのでした。

 

そんなわけで今回は、ライトにサクっと!ひと記事書いて見せましょうぞ!
お題は、メイクブラシの洗浄について。

 

f:id:kocchi130:20170131203547j:plain

 

 

 

メイクブラシは意外と汚れる

日々メイクをする皆様、メイクブラシ、使ってますか?メイクブラシなんて小洒落た言い方をせず、化粧筆と言ってもいいわけですが。

私は、ルースパウダー・チーク・アイブロウ(眉毛)・シェーディング・ハイライトにブラシを使っています。中でも毎日必ず使うのは、ルースパウダー・チーク・アイブロウ。シェーディングとハイライトは、気が向いた時及びめかし込んでお出かけするときぐらいしか使いません。

 

毎日使用していると当然ブラシの毛の中に粉が溜まり、その溜まった粉は劣化し、毎日新しい粉と劣化した粉を混ぜて顔に乗せていることになってしまいます。

そしてブラシの毛先にも汚れが溜まり(例えばルースパウダーであれば、パウダーの前に肌についているクリームファンデが毛先につきます)、不衛生。敏感肌の人であれば、そんなブラシを使うだけでも荒れてしまう可能性も。
そんなわけで、定期的に洗浄することをオススメします。

 

以前はどうやってブラシを洗浄すればいいのか分からず、全然洗っていなかったのですが(不衛生極まりなし)、いまは気軽に洗える方法を知ったので、マメに洗うようにしています。
今回はその方法をご紹介。
すでにネットでは紹介されている有名な方法ですが、もしもご存じない方がいるようでしたら、ぜひ試してほしいです^^

 

 

メイクブラシの洗浄方法

準備するもの

まずは準備するもの。

  1. 洗浄したいメイクブラシ
  2. 無水エタノール
  3. 液体を入れることのできる器
  4. ティッシュペーパー

 

今回は、ルースパウダー用ブラシと、チークブラシを綺麗にします。ちなみに、撮影の兼ね合いでダイニングテーブルで写真撮ってますので、こぼしてもいいようにラップを敷きました。普段は洗面所でやってます^^

f:id:kocchi130:20170131210418j:plain

 

無水エタノールは、薬局で約1,000円程で購入することができます。他の薬局方の商品などと一緒に並んでいるので、頑張って見つけてください。比較的隅っこの方でひっそり並んでいるイメージかも。パッケージもレトロです。

f:id:kocchi130:20170131210428j:plain

 

無水エタノール(別名:無水アルコール)
15℃でエタノールを99.5v/v%以上含む。消毒効果は消毒用エタノールに比べて小さいが、肝癌治療に応用されている。
---wikipediaより

 

器は無水エタノールを入れるためのものですが、ちょっと深めの物の方がこぼれる危険性も少なくていいかと。私はダイソーの無印劇似のこちらをつかってます(余っていたので)。

f:id:kocchi130:20170131210448j:plain

 

ティッシュは、言わずもがなですね。液体を吸収してくれればいので、トイレットペーパーでもキッチンペーパーでも問題ないです。

 

 

手順

1.器に無水エタノールを入れます。私はケチなので、一回でこれぐらい。

f:id:kocchi130:20170131210506j:plain


2.そこに筆をドボンと入れ、ふりふりして洗います。使っていたメイク用品の色がでてきます。

f:id:kocchi130:20170131210520j:plain


3.色がでなくなるまで1~2を繰り返し行う。

4.綺麗になったらエタノールでの洗浄終了。エタノールは破棄してOK。

5.ティッシュにある程度のエタノールを吸収させる。(写真では、ウエスを使ってますが…)

f:id:kocchi130:20170131210533j:plain


6.筆の毛の部分を、ティッシュでギュッと包む。

  たぶんこれはやらなくても問題ないのですが、次工程の乾燥で毛が広がってしまうと嫌なので、包んだ状態で乾燥させることにしています。

f:id:kocchi130:20170131210544j:plain


7.そのまま乾燥させます。

8.乾燥したらティシュを外して完了。

  乾燥時間はそんなに長くないはず。私はいつも寝る前もしくは朝のメイクが終わってからやるので、正確な時間を計ったことがなく・・・すみません(-_-;) 半日あれば十分乾燥すると思います!正確には「乾燥」ではなく「揮発」だけどね。

 

 

全ての工程が終わると、購入した時のようなサラサラしなやかな手触りに戻ります!初めてやった時は感動しました^^毛と毛の間に溜まっていた粉が除去されたことで、毛のボワっとした広がりもなくなり、スマートな筆になります。

f:id:kocchi130:20170131210708j:plain

 

 

メイクブランドの洗浄液を使用するのもいいですが、マメに洗うならばコスパは気になる所。その点、この無水エタノールだったら、ブランドの物より安価だし、薬局で気軽に手に入るのが良いトコロ。スキンケアももちろん大切ですが、日々肌に触れるブラシもちゃんと洗って、清潔さを保ってあげてください。

 

 

おまけ:パフの洗浄

ルースパウダーをブラシで付けるようになってからパフを使わなくなったのですが、パフの洗浄には、ダイソーのスポンジクリーナーを使っていました。

 

f:id:kocchi130:20170131210837j:plain


それまでは資生堂の専用クリーナーや中性洗剤を使っていましたが、口コミで評判が良かったので試してみたところ、洗い上がりには全然問題なし。それどころか、中性洗剤で洗った時よりもふわふわ感が増していたのでこちらにシフトしました。

これも108円というコスパの良さから、ケチらず適量を使って綺麗に洗浄できるという優れものです。廃盤にならずにいてほしいな~、ダイソーさん!