凛と柔く

芯をもってしなやかに、じぶん基準で生きる

制服の中も制服化。愛用ヒートテックの買い替えサイクルを決めたらラクになった。

ミニマリストの方々は、私服の制服化をしている方も多いようですね。会社で制服を着用している私ですが、数年前から制服の中に着るインナーも制服化して、日々の出勤準備をラクチン化しています^^

 

 

制服のインナーはヒートテック

先日ユニクロで買い出しをしてきました。買ったのはヒートテック。なぜ冬も終わりが近い今になってと思われるかもしれませんが、来年の為なのです。

 

f:id:kocchi130:20170217222139j:plain


どうでしょうこれ(笑)。
購入したのは Uネック八分袖(S)5着 です。

 

実はこの選択にもちゃんと理由があって…

  • Uネック八分袖 ⇒ 背の小さい私には、長袖だと長すぎる。八分がちょうどいい。
  • 白 ⇒ 白シャツを着た時に、透けないように。ベージュも透けないのですが、それだといかにもおばちゃんの肌着感が強すぎる気がして、白。
  • 5着 ⇒ 平日5日間、洗濯が出来なかったり乾かなかったりしても、大丈夫なように。

といった感じ。

5着買うことに関しては、以前書いたタイツも同じ考えで、私のぐうたらさが現れています(笑)。

 

▷ 制服の冬支度。チュチュアンナのなめらかマットタイツをまとめ買い。

 

 

考えないために、買い替えのサイクルを決めた

まとめ買いしたこの5着は、2回の越冬(笑)で廃棄。また新しく5着買うというサイクルで廻しています。洗濯方法も決めていて、1年目は乾燥機NGで洗濯するけれど、2年目は乾燥機OKにしちゃいます。

 

毎年肌寒くなってくる11月半ば頃から、3月末頃まで着用。週数にして約20週ほどで、1着あたり20回。そしてそれを2シーズン。耐久性的にもその辺りが限界になるので、何の惜しみもなく手放せます。

毎回シーズン終わりの値下がりした時に買うので約800円。それを40回ですから、ものすごいコスパのよさ(笑)。

 

他にもこのように買い替えサイクルを設定している物があって、夏のクールビズの時に着用するポロシャツであったり、下着であったり、主に毎日身につける物が対象です。家の物だとタオルやキッチンの布巾なども同じ。

 

物の状態を見て着れるかどうかを考える、といったことが煩わしくなり取り入れた方法でした。買うタイミングも手放すタイミングも決めたことにより、毎日の小さな「考える時間」と「考える労力」がなくなって、スッキリです。

 

 

下着もユニクロを愛用しています。

▷ 坐骨神経痛の女性に伝えたい。このショーツいいから試してみて!

 

 

夫にも提案しようかな・・・

私の日々の消耗品と位置付けている衣服は、こんな感じで定期的な入れ替えを行っているのですが、それが出来ていないのが夫。

 

彼は物を手放すのが苦手で、手放す基準も「まだ使えるかどうか」なのです。サイクル決めた方が楽なのにな~と思う、靴下・肌着等も、穴が開いたりビロビロに伸びて初めて「御役御免」となります。

 

夫の物なので口出しはしないのですが、洗濯を干したり畳んだりしているときに目にすると、ちょっと気になっちゃいますね(笑)。区切りのよさそうな4月辺りに提案してみようかなぁ~・・・。