凛と柔く。

女(35歳)/会社員/既婚/子なし▶日常を綴るブログ

QOLが向上!?憧れの曲げわっぱ(漆塗り)を買ってみた。

憧れの曲げわっぱ

実家を出て自分でお弁当を作るようになってから、ずっと憧れていたのは曲げわっぱでした。夫のお弁当も作るようになってその思いはさらに強くなり、買おうかどうかと悩みだしていたこの数か月。

 

なかなか買う決意がつかなかった理由の一つには、誰が書いたかわからないレビューを読んだだけで、お弁当箱としては高価な数千円という金額を出していいものかという思いがありました。(実店舗で曲げわっぱを見た事がないため、買うならネットショップだと考えていた)

 

そんな時、仲良くさせて頂いているヌーさん(id:rhinocero)が、愛用の曲げわっぱについて書かれていました。なんだかもう、神様の思し召しなのかぐらいの衝撃。このタイミングは、乗っかるしかないのではと直感で(笑)。

 

www.n00life.com

 

  

憧れを購入

ということで、買いました。楽天で。ヌーさんと同じ曲げわっぱを。

扱いきれるか不安だったので、ひとまず自分の分としてひとつにしました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 曲げわっぱ 弁当箱 細長丸
価格:3400円(税込、送料無料) (2017/3/10時点)

 

 

届いた箱は、めちゃくちゃ軽くて本当に入っているのかの不安になるほどでしたが、開けるとちゃんと入ってました。(←おい)

 

じゃじゃーん。丁寧な梱包。

f:id:kocchi130:20170310214340j:plain

 

出してみた。つやっつや!!神々しい。付属の仕切り板とランチバンド付。

f:id:kocchi130:20170310214341j:plain

 

こんな扱い方の説明までついています。

f:id:kocchi130:20170310214342j:plain


最後の一文、気になる。思わず夫に聞いてしまった。

「これをどう誤って使うのかな?そしてどう事故になるのかな?笑」

夫は答えた。

「頭に被るとか、中に入ろうとするとかだろう。想像力が乏しいぞ!」

 

・・・そうか、申し訳なかった。反省。

 

現在お弁当箱として使っている、ホムセンで適当に買ったタッパーと並べると、この格の差よ。(お弁当が作り続けられるか自信がなかったので、やめちゃっても保存容器として使用できるように、これにした記憶が。)

f:id:kocchi130:20170310214343j:plain

 

余りにも大きさが違って感じるので(高さが全然違う)、容量比較をしてみることにした。

タッパーは600mlで、曲げわっぱは500mlとの記述。にわかには信じられないサイズ感。

まずタッパーに水を入れてみた。

f:id:kocchi130:20170310214345j:plain

側面の容量表記からするとすれすれまで入れての600mlだと予想。よって、溢れるぎりぎりまで入れてみる。本当に水が入っているのか分かり辛いので、お弁当用のシリコン仕切りを浮かべてみた。

 

これを曲げわっぱに移してみた。

f:id:kocchi130:20170310214346j:plain

入ってしまった。600mlが入ってしまった!500mlって書いてあったのに(゚д゚;)

 

で、このリレーした水はいったいどれだけだったのか計量カップに移してみた。

f:id:kocchi130:20170310214347j:plain

500ml超えてましたね。520ml位でしょうか。となると、タッパーは、表記の容量とは異なっていたという結果(笑)。


とまあこんなくだらないお遊びをした後はしっかり洗って、水切り。翌日の朝、お弁当を詰めてみました!

 

 

初使用♡

この日は、ブロッコリーの豚肉巻き(カレーパウダー+チーズ味付け)、たまご焼き、ほうれん草の胡麻和え、切り干し大根の煮物、プチトマトです。詰め方にセンスがなさすぎるので恥ずかしい限り。消えてくなくなりたい。

 

f:id:kocchi130:20170310214348j:plain

 

 

使ってみた感想

昨日・今日の2回使ってみた感触。

今までと比べると深さがあるので、ちょっと詰めにくい気がする。そして表向きは少なそうに見えるけど、深さのおかげで思った以上に入り、これを食べきるとお腹はパンパン。

 

だがしかし、お米が硬くなっていなかったのは驚きです。これが木の調湿効果でしょうか。それともプラシーボでしょうか。

 

蓋は本体に対して被せる状態になるので、一見するとものすごくゴツくてでっかいお弁当箱に見えます。あまり可愛い女子っぽくはないですね。実際今日、同僚に「え!?これこっちさんのだったの!でっかくない??」って言われました。「ご、500mlなんだよ。パンパンに詰めてるわけじゃないヨ…」ってごにょごにょ言っておきました。

 

会社の給湯室で個人の洗い物可なので、食後はすぐに洗う事が出来ます。
普通のお弁当箱のように洗剤つけて洗っています。で、表側だけ布巾で水を拭き取り、内側を自然乾燥させています。(布巾の衛生面が気になってしまい、できるだけ食品に触れる場所には使いたくない)
そのまま15~16時頃まで給湯室の水切りかごに置いておき、その後回収。帰宅後はキッチン台の上でさらにしっかり乾燥させています。

 

漆塗がされているため、当初購入を迷っていた白木よりも気を使う必要がなく、想像していたより楽に扱える印象。なにより、このつやつや感がうれしくて、まだ食べているとき、洗っているときにニヤニヤしてしまう。


白木にウレタン塗装も気になっているのですが・・・どうしようかな。

あと、夫の分、どうしようかな。

 

夫は自分で洗うのを面倒くさがるため、今のお弁当箱は食洗機対応をんでいます。というのも、私が先に寝ていたとしても夕飯の食器と一緒に突っ込んでもらうようにするため。でも、曲げわっぱだとそれが出来ない。
それに、帰宅は23時過ぎが常なので、長時間洗えないことも難点です。何時間も洗えないと痛みが早そうだけど、どうなんだろう。夫の分については要検討ですね。

 

何はともあれ、この嬉しい気持ちまで手に入れられたことがハッピー!これが!「QOLを高める」というやつか!!!

 

と叫んだところで、今日はここまで。

ヌーさん、素敵なきっかけをありがとうございました♡