凛と柔く

芯をもってしなやかに、じぶん基準で生きる

【リピート決定】ナチュラムーンの高分子吸収材不使用ナプキンを使ってみたら、心地よくて虜になった!

先日の月経で、ナチュラムーンの高分子吸収材不使用のナプキンを使用してみたところ、今まで使用していたナプキンとの違いにとても驚きました。

生理用品(ナプキン)ひとつで、こんなにも月経時の気持ちが変わるのかと、本当に驚いたのです。

 

naturamoon.jp

 

そこで、今までのナプキンとの比較と使用してみた感想など、女性のみなさんにシェアしてみます。

 

※この投稿は、女性の月経および生理用品、経血について書きますのでご注意ください。

 

 

ナチュラムーンのナプキンは、普通のナプキンとどこが違うのか

高分子吸収材不使用のナプキンといっても、今まで興味のなかった方にはよくわからないと思います。

 

そもそも、高分子吸収材とは何なのか。

JHPIA(㈳日本衛生材料工業連合会)の説明を引用してみますね。

こちらには「高分子吸水材」とかかれていますが、同様のものと考えられます。(略および一部の改行は、読みやすくするために当方が行いました)

 

高分子吸水材は、高吸水性樹脂(Super Absorbent Polymer、略してSAP) と呼ばれ、1974年(昭和49年)に米国で開発されました。

(略)

高分子吸水材の最大の特長は吸水性と保水性です。

脱脂綿やティシュー、パルプ等の吸水量が、自重の10~20倍程度なのに対して、高分子吸水材の場合は、純水で自重の200~1000倍、尿の場合でも30~70倍と、極めて高い吸水能力を持っています。

また、高分子吸水材は、一度吸水した水分は、外から多少の圧力がかかってもほとんど放出しないなど、高い保水力も併せ持っています。

― 一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 |素材・機能のQ&A より引用 ―

 

とまあ、とにかく吸水性にすぐれた画期的なモノであるわけです。 

 

ですがこの高分子吸収材、ナプキンにも使用されているとのことで、あれこれ言われていたりしますね…。

 

例えば、反対派だとこんなの▶ 化学物質でできた「生理用ナプキン」の裏側。あなたの体と未来の赤ちゃんを守るために全ての女性が知っておきたいこと。

かと思えば、こんなものも▶ オーガニック子宮生活 | DRESS [ドレス]

 

高分子吸収材とナプキンの関係について調べると、本当にあれこれ書かれています。さながら、シャンプーのシリコン論争のようなものですかね?

当然、私も実際はどうなのかわかりません。

 

ですから、今まで使用していたナプキンとナチュラムーンのナプキンの、明らかな違いとして認識したのはこれだけ。

 

1. 吸収材の素材

2. トップシート(表面材)の素材

 

この2点を比較してみると・・・

大手メーカーのナプキン

・吸収材:高分子吸収材(ネットなどでは高分子ポリマーとも言われます)

・トップシート:ポリエステル、ポリエチレン

 

ナチュラムーンのナプキン

・吸収材:綿状パルプ(パルプ(由来原料:木材)を粉砕して綿状にしたもの)

・トップシート:コットン(綿)
 ※商品によって、天然コットンとオーガニックコットンの違いがあります

私たちが分かり得る明確な違いはこれだけだと思います。

噂話程度でしかないものは、無視です。

 

科学的、医学的な検証がされたものなら信じますが、そのような記事を探す時間ももったいないので、商品の使用材として明記されているものだけで違いを判断しました。

 

ちなみに、高分子吸収材っていうのは、つぶつぶのジェルボールみたいな消臭剤を想像してもらえばいいと思います。

水分たっぷりで、ひんやりぷるぷるしているあれです。

そして赤ちゃんのおむつの吸収材に使われているのも、高分子吸収材です。

 

 

ソフィとナチュラムーンを写真で比較

長々と説明してしまいましたが、実際に買った物を比較してみようと思います!

ちなみに、買ったのはこちらの2種類。

 

左:普通の日用(羽なし・21cm)

右:多い日の昼用(羽つき・23.5cm)

 

 

 

買ってみようと思ったとき、細かく比較している写真などなかったので、撮影してみました。Amazonのレビューでは「かさ張る」「分厚い」などのワードがあるので、参考になるかと思います。

 

 

パッケージ(個包)の状態

左から、

・ナチュラムーン:普通の日用(羽なし・21cm)

・ナチュラムーン:多い日の昼用(羽つき・23.5cm)

・ソフィ ボディフィット:普通の日用(羽つき・21cm)

※以降の説明では、ナチュ羽なし、ナチュ羽つき、ソフィ とします

 

 

向きはすべて同じです。(正面から見て左右に開く状態で置いています)

 

実物を見て、大きさの差はあまりないと感じました。

 

 

大手メーカーの超薄型のものと比べるとさすがに差はあると思いますが、私が普段使っているもの(ソフィ ボディフィット 普通の日用・羽つき)と比較するのであれば、全くストレスなく持ち歩けるサイズです。

 

 

開いた状態

左から、ナチュ羽なし、ナチュ羽つき、ソフィ

 

 

これも、私としては大差ない。
それどころか、ナチュラムーンの羽なし21㎝は小さく感じるぐらいです。

 

ただ、ナチュ羽なしは開くためのタブ的なものがなく、袋を破って開けるタイプなのがちょっとだけ手間ですね。

 


トップシート(表面)のアップ

左から、ナチュ羽なし、ソフィ

 

 

見た目ではさほど差がありませんが、触ってみると違いがあります

 

ソフィはさらりとして、毛羽だちが全くありません。

対してナチュラムーンはふわりとしていて、少しだけ表面がもわっとしています(毛羽というほどではない)。

 


使ってみた感想(実感したことと、レビューで見る内容についてわかったこと)

実際に使用してみて、様々なレビューを読んで不思議に思っていたことが、納得できました。やはり「百聞は一見に如かず」ですね!

 

ざっくり言ってしまうと、ナチュラムーンのナプキンを着用していると「スキンケアに使うコットン(カット綿)を着けている」ような感覚でした。

全く違和感はなかったし、経血の状態への嫌悪感もなかった。

 

以下、そう感じた理由であろうことなどを列挙してみます。

 

 

「温かい」の謎は、吸収材の違い?

ナチュラムーンのレビューで見かけた中で多かったのは、「温かい」という記述。

そんな馬鹿なと思っていましたが、確かに温かかった。

 

正確に言うと、ナプキンが発熱しているわけではなく(当たり前)、単純に「自分の体温が逃げにくいから、温かく感じる」のだと思います。


というのは、使用して外したナプキンの裏側(下着に着ける側)が、ものすごく温かかったことからの推測ですけど。

 

従来の高分子ポリマーのナプキンは、経血を吸収したポリマーが膨張し固まって冷えていました。
ですが、ナチュラムーンのナプキンの綿状パルプは、経血を吸っても固まりません。そして綿状パルプ内に空気層があるため、それが体温を保持する役割をしているのではないかと思うのです。

これは私の推測なので、信じる信じないは読んでいる方にお任せします。

 

ですが、

・「ナプキンを当てている股部分が経血を吸収するとともに、ひんやり冷たくなってくる」という現象はなく

・しかも「普段の下着1枚の時よりも温かく感じる」

というのは確かな実感としてありました。

 

私は既にナチュラムーンのナプキンのリピートを固く決意しているのですが、その一番の要因はこれでした。

 

股が温かいことが、こんなに気持ち良いのか!と。

 

こんなに心地よいのなら、生理じゃない時でもカット綿はさんでおこうかな?って本気で考えるレベル。

 

※冷静に考えてそれはおかしいから、ヨモギパットでも買うのが正解だと考え直しているので、どうか安心してください。

 

 

「着け心地がよい」のは、トップシートの差?

他に見かけたのは「着け心地がよい」という類の記述。

これについても確かに、着け心地がよい!と感じました。

ですがこれは何かひとつが要因なのではなく、いくつかの要素が関連した結果なのかな、とも思いました。

 

私の実感としては、

1.トップシートの触感がいい=柔らかで心地いい

2.吸収材が固まらないので(柔らかいままなので)、時間が経っても不快感がない

3.(先述したように)温かいので冷えがこなくてリラックスできている

この3点が、総合的な「着け心地がよい」の要因かな?と思います。

つまりは「触感」と「温度」が心地よさのポイントです。

 

 

「経血が臭わない」って、そんな馬鹿な。

他にレビューで目にしたのは、「月経時独特の臭いがしない」といったもの。

これも実際に使ってみてわかったのですが、確かに臭いがほとんどありませんでした。

 

月経時のあの臭いは、トイレに行く度に自分の体ながら嫌悪感を持ってしまう程でした。ですが今回、そういえばと思い返すと、トイレに行って臭いに辟易することがなかったのです。


本当にすごく不思議だし、理由がわからないので何の解説もできませんが、これが事実。

出ている経血そのものは変わっていなくて、ナプキンを変えただけなので、やはりこれはナプキンが要因だと思うのですけどね…。なぜなんだろう。

 

 

「月経の日数が短くなる」「経血の量が少なくなる」、って!?

この2つも度々目にしたレビューでしたが、今回の月経では特に実感できませんでした。

私はもともと経血量がそこまで多い方ではない(と思う)のですが、さらに減ったという感じはありませんでした。日数についても、同様です。

 

これらについては、今後の変化に注意していきたいところです。

 

 

まとめ

ということで、私が初めてナチュラムーンのナプキンを使用してみた感想をまとめると、

 

・あったかい!

・心地いい!

・ストレス少ない!

・サイズ的にも問題ない!

 

といった、メリットばかりでした。

今回は日中用しか購入しなかったので、次回の月経までに夜用も購入予定です。

 

薬局で気軽に買える大手メーカーのものと比べると割高ではありますが、ただでさえ気持ちが落ちる数日間なので、多少はお金かけてもいいかなと思うのです。

自分の体を気持ちよく保つための、少しの増資です♡

 

ちなみに、トップシートがオーガニックコットンのナプキンもありますが、私は特にオーガニック云々にはこだわっていないので、ナチュラムーンで十分です^^

 

 

なお、この投稿は決して高分子吸収材を悪として訴えているのもではなく、純粋に比較し使用した結果、当方は高分子吸収材を使用していないナプキンが好みだった、ということを書いているだけですので、悪しからず。