凛と柔く

芯をもってしなやかに、じぶん基準で生きる

利用開始から3ヶ月。今のわが家の"ヨシケイ"利用スタイルを紹介!

食材宅配「ヨシケイ」の利用を開始して、丸3か月が経過しました。

もうすっかり生活の一部になり、私にとって、なくてはならないサービスと断言できるほどになりました。

 

ということで、今現在はどのように利用しているのかを書いてみようと思います。

 

 

この価格、私にとっては惜しくない

わが家は共働きの夫婦二人暮らし。

会社の飲み会の可能性があることや予算の点から、月曜~木曜の4日間、「すまいるごはん:定番メニュー」を利用しています。

 

画像引用元:すまいるごはん | 食材(ミールキット)宅配サービス:ヨシケイ

 

今年の冬は野菜の価格が軒並み上がっていましたが、ヨシケイでは毎週の支払額はほぼ一定。

 

確かに葉物野菜の献立がやや少なくなった時期もありましたが、それを補う野菜と献立が提供され、栄養面は安心して暮らすことができました。これはやはり、管理栄養士監修がなせる技、ですね。

 

ということで、夫婦二人分・4日の利用でかかる費用が、5,000円を超えたことはありません。

果たしてこの価格をどう思うか。

 

ヨシケイの利用をする前の食材買い出し費用を思うと、もちろん割高です。

ですが、

 

①メニューを考える必要がなくて、

②食材を当日に配達してくれて、

③余分な量の食材はなく、

④野菜がカットしてある(一部対象外のものもあり)

 

これだけの利点があるので、私にとっては値段相応です。

 

 

新しいレシピに出会えた

まだ主婦歴7年とはいえ、料理の回数はそれなりにこなしてきたつもりです。

ですが、ヨシケイを利用して初めて知るレシピも多かったです。

 

中でも、「これはまた作ろう!」と思えるレシピに出会うこともあるので、そんな時は、レシピカードを残しておきます。(メニューブックがそのままレシピカードになる)


最近はこれ。

 

小口切りしたネギを加えて作る「薬味醤油」がとっても美味しかったので、レシピカードを切り取り、その中の何を残しておきたかったのかが後でわかるよう、しるしをつけています。

 

 

こんな風に少しずつ、「実際に美味しかったレシピ」を増やしていけるのがとってもいい。

 

ちなみに、3か月で残したレシピは、この薬味醤油と、カブのサラダの2つだけですけど(笑)。他に迷ったものモノあったけど、今後も作るかと考えたときに、除外となってしまったレシピはいくつかありましたよ~。

 

 

家族も事前に献立がわかると役立つ

メニューブックから切り取ったレシピカードは、1週間分まとめてマグネットクリップに挟み、冷蔵庫に貼り付けています。

その動きとしてはこんな感じ。

 

1. 日曜の夜、月曜~木曜のレシピカードを曜日順に重ねて、まとめて冷蔵庫へ貼り付け

2. ご飯を作るときには見るため、マグネットに挟んだままキッチンから見やすい所へ移動

3. 作り終わると、次の日の献立を一番手前にして(見えるようにして)挟みなおし、また冷蔵庫へ

 

1~3を毎日繰り返しています。

 

こうすることで、毎朝起きてきて冷蔵庫の前に立った時に、その日の夕食の献立がわかるというワケです。

 

昨年秋の異動で出張が多い部署に戻った夫ですが、やはりお昼も外食が増えるのです。

 

そんな外食時、この献立が確認できるシステムのおかげで、夕食と同じメニューを避けて選ぶことができるようになりました。つまり、お昼ごはんと夕食が同じメニューになっちゃった!という事態が避けられます

 

また、献立は男性が大好きなから揚げなどのお肉ガッツリ系の日もあるのですが、そんな日は、お昼に「今日はから揚げ♪」ってうれしそうなLINEが届いたりもします。

 

事前に献立がわかるのって、思ったよりもいい効果があるのかもしれません。

 

 

利用するメニューをその日の予定で変える

基本的には「すまいるごはん:定番メニュー」を利用しているのですが、最近になって、”日によって他のメニューを利用する”という使い方をするようになりました。

 

いつも配付されるカタログは3つあり、中でも1日ごとに利用できるメニューは10種類もあるので、選びたい放題です。

 

 

①いつも頼んでいる「定番メニュー」を確認して、夫の苦手なものが含まれる日は他のメニューを頼む

②帰りが遅くなりそうだとわかっている日は、より手軽に作れるメニューを頼む

 

といった使い分けも身に着いてきました^^

②の使い方が、これまたいいんですよ。

 

「定番メニュー」は主菜1品+副菜2品を全部自分で作るので、残業で疲れて帰ってきて作るのがしんどいときもある。

 

そんな時は、1品は湯銭や解凍だけで食べられるようなメニューや、副菜が1品少ないメニューを頼むのです。

そうすると、劇的に楽になります

 

とはいえ、品数少ないと寂しかったりもするので、お弁当用作った常備菜を小鉢にしたり、究極のお手軽副菜・納豆を出したりします。

 

こんな風に、予定に合わせたメニュー選びをするという、高度な使い方もできるようになってきました。

 

 

アナログな方法で支払い続けています

ヨシケイの料金は1週間分ごとにまとめて支払うのですが、その方法は、現金払いの他に、”口座振替”と”ヨシケイのクレジットを作ってそれで支払う”という方法があります。

 

口座振替はとても便利だし、クレカはヨシケイのポイントが溜まるのでお得です。

 

でも私は、今でもずっと現金払いです。

 

そもそも、わが家の食費は現金管理なので、口座振替にしてしまうと利用額が把握しにくくなってしまう。

 

そしてクレカなんてもってのほか。

結局は口座から落ちるので、先の口座振替同様、利用額の把握がしにくいばかりでなく、”ヨシケイでしか利用しないクレカ”という、管理しないといけないモノが増えるだけ。

たとえいくらかのポイントがついても、勧誘されても(一度もされてないけどw)、私は現金払いを続ける予定。

 

 

さいごに

すっかり生活に溶け込んだヨシケイですが、それにはちゃんと理由があるんですよね!
今のわが家の生活には、とっても合っていたのだと感じます。

 

そして、夕食はヨシケイ頼りになったものの、私のお昼ご飯は基本的にお弁当。

ほとんど買い物に行かなくなった私が、どのようなお弁当生活をしているのか。それについても、またの機会に書いてみたいと思います!