凛と柔く

日々のアレコレを綴る雑記ログ

化粧水+ワセリンの2ステップスキンケアを開始して1か月。現在の肌について。

夏も過ぎ去ったここ最近。なんと私のブログでまだ数少ない美容系エントリーが、人気記事になっていて驚きです。夏が終わると肌の疲れみたいなのがドッとでるからかな?

 

kocchi.hatenablog.com

 

今回は、同じく美容カテゴリですが、自分のスキンケアについて。

8月末からワセリンでのスキンケアを開始して一ヶ月経過したので、最近の肌について思ったことを書いてみます。

 

 

f:id:kocchi130:20160927125506j:plain

 

真夏のスキンケアが面倒くさい

去る8月、暑さのあまり丁寧なスキンケアをすることに嫌気がさして、こんなことを呟いておりました。

 

 

女子力低いわ~って感じですが、実は毎年夏になると、

  • スキンケアしてもすぐ汗かいちゃうし意味ないような・・・
  • 寧ろ、顔に乳液などの油分を乗せることでペタペタするし、しかも肌呼吸しにくくなるのか、余計汗かくよ!
  • てゆーか寧ろ!寧ろ!ケアする時の手の体温で余計暑くなるよ!!

なんて思っていました。

 

こんな思いがあったのと、この数年間の肌状態が安定していることもあり、ワセリンでのスキンケアに踏み切ってみようかと唐突に思い立ちました。

拝読させて頂いているみうさんのスキンケアに関するエントリーを読んだこともあり、そこまで不安はなかったです。

 

www.yogasimplelife.com

▲とても丁寧に詳しく書かれています!おすすめ!!

 

ただし、私の肌質は水分不足型の混合肌。ワセリン、つまり油分だけのケアではちょっと不安もあったので、ひとまず、それまで使用していた化粧水とワセリンの2ステップケアにしてみることに。(乳液はちょうどなくなったタイミングでした)

 

ちなみに、今までのケアは、

導入美容液(正確にはフォーム)⇒化粧水⇒乳液⇒目元用美容液または目元用保湿ジェル。冬にはこれにクリームが加わります。

 

 

ワセリンの種類

基本的なこと、一応記します。ワセリンと一言で言っても、種類があるので、まずはそれをざくっと説明。

 

そもそもワセリンは、石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもので、その精製度合いによって種類が分かれています。どんな製品でも大体がそうであるように、精製度が高いものほど品質がよいとされるため、より高価になります。

 

元々石油は、動物や植物などが何億年もかけて地球内部に堆積したものであり、それを使用して作られるワセリンは、化学製品ではなく自然由来の製品であると言われています。

 

①黄色ワセリン

精製度が低いけれども安いのが黄色ワセリン。

黄色ワセリンの代表はヴァセリン(商品名)ですね。このパッケージ、ドラッグストアで目にすることも多いと思います。

 

 

 

②白色ワセリン

黄色ワセリンより精製度が高いのが、白色ワセリン。

1番目にするのは、ドラッグストアで必ず取り扱いがあるであろう、「日本薬局方」と表示されたもの。

 

ね、見覚えあるでしょう?

 

その白色ワセリンのなかでも、より精製度の高いとされるのが、プロペト、サンホワイトといった商品。

 

 

 

 

購入したのは白色ワセリン

ということで、何はなくともワセリンが必要。購入したのは前述したワセリンの種類の中でも精製度が高いとされるこちらの商品。

 

f:id:kocchi130:20160927132012j:plain


Amazonのレビューによると店頭販売しているところが少ないようなので、初めからAmazonで注文しました。

 

これにしたのは、もしも肌荒れしたら後悔してしまうと思い、初めから精製度の高いものにしてみたというだけのことで、そう深い意味はありません。

 

 

使ってみての感想

使用方法を試してみたところ、肌表面に水分があった方がなじみが良い感じだったので、化粧水が表面にうっすら残っている状態で使用することにしました。

 

はじめは当時使用していた化粧水がまだ残っていたのでそれを使用していましたが、その後、つまり今使用しているのはこれ(日焼け止め買った時のおまけが余ってた)。

 

 

初めて使用した時に思ったのは、「本当にこれで大丈夫?」ってこと。まあ普通の感想ですけど。

 

使用している量は、米粒1つ程度。それを手のひらで擦りあわせ温めて伸ばし、こするのではなくただ単純に手のひらをくっつけるようにして肌に乗せるという使い方をしています。実際、表面にうっすら油膜が出来る感じ。

たったこれだけで、本当に大丈夫なのかと。


不安なまま一晩経ち、朝になり起床。

洗顔の為に洗面台の前に立って鏡を見て頬に触れてみると、驚いたことに乾燥していなかったのですよ。不思議。

数日経過しても特にトラブルが起きることもなかったので、そのまま継続使用。そろそろ一ヶ月経過しますが、見た感じ肌の不調もなく驚くばかり。

 

 

ケア方法変更前後の肌で変わったと思うこと

変わったかもしれないと思うことを挙げてみます。

  1. 乾燥してつっぱる感覚がなくなった
  2. なんだか肌が、以前よりつるつる(特に朝起きた時)
  3. 日中、Tゾーンがテカリやすくなった
  4. 朝の洗顔で一旦ワセリンを落とすため、洗顔剤を使用するようになった

以上です。

 

それだけ!?って感じですが、私にしてみれば逆の意味で、それだけ!?です。

つまり、「こんな簡単なケアにしたのに、以前のケアをしていた時と大きな差が見られないってどういうこと?」です。

かけているお金も手間も、半分以下なのに。

 

結局わかったのは、いままで肌に過保護すぎたのかもしれないなってこと。実は、適当もしくは、スパルタでもいいのかもしれない。

そう思うと、このケアのままでも良さそうかもしれない。

 

 

それでも気になるエイジングケア

肌状態が下降していない以上、このケアでもいいことに納得できました。

とはいえやはり、30代半ばにもなると気になるのが、エイジングケア。このまま何もしないのも、些か不安です。(それこそが化粧品メーカーからの刷り込みである可能性もありますが。)

 

ということで、少し前に美容液を導入しました。

元々使用していた美容液があるので、それをケアに加えてみました。アイテムはこちら。

 

spicas.jp

 

結果、よい!です。

化粧水とワセリンだけの時より、明らかに肌がツヤツヤしてきたので、やはり肌への栄養補給はあって問題なしと結果付けました。

これが若い頃ならなくても良かったのかもしれません(・_・;

 

 

現時点での判断

今のシンプルケアで問題なさそうです。

とはいえまだ夏〜秋しか過ごしていないので、冬がどうなるか。

私の場合、乾燥する雪山へ遊びに行くので(しかも車中泊する)、まだ様子見段階といったところ。

 

ひとまず今の、美容液フォーム→化粧水ミスト→ワセリン を続けてみます。化粧水は今のミストがなくなったら、無印のものにしようかと検討中。

 

そもそもワセリンのケアを始めようと思ったのは、「いろいろ使うのが面倒」という理由なので、ワセリンにこだわる必要はないかなとも思っています。

よって、今の肌状態から下降するようであれば、同じようなシンプルステップでありつつ、ちゃんと肌をケアしていけるアイテムに変えるつもり。

 

前述したように、肌は案外強いことが分かったので、少ないアイテムでよい状態を維持することを目的としていきたいと思います。

もし変化があったら、エントリー書きます^^

 

【追記】

その後、ワセリンのケアを中止しました。

▶ ワセリンだけのスキンケアを断念。現在のケアアイテムを公開。