凛と柔く

日々のアレコレ

【スノーボード】今シーズンのブーツ購入&初心者に捧げるブーツ選びのHow to。

先日、今シーズンのスノーボードブーツを購入しました。

買ったのはこちら!

 

f:id:kocchi130:20160927183924j:plain

 

BURTONEMERALDというブーツです。

本当は黒がよかったのですが、出向いた店舗では扱いがなかったようなので、ベージュで我慢。

 

www.burton.com

 

今までのブーツも同じEMERALDでした。それが数年前から足に合わなくなってきていて、去年はもう我慢できないほど痛くなってしまいました。そこで、満を持しての買い替え!

 

写真にもありますが、購入したのは22.5cm。私の足のサイズは両足とも約21cmなので、本当なら22cmあたりが理想ですが、22cmを取り扱っているお店がほとんどないのですよね(T_T)

 

幸いなことにBURTONは細身なつくりなので、22.5cmでも大きいという感覚もないし、滑りにくいなんてことはないので、良しとしています。大切なのはサイズ表記ではなく、自分の足に合うかどうかですので。

 

ということで、今回は、ブーツの選び方で気を付ける点などを紹介してみようと思います。

 

 

 

ブーツの種類

昔はレースアップのブーツしかありませんでしたが、今は大まかに分けて3種類のブーツがあるので、簡単に説明します。

何の違いで分かれているのかというと、紐の締め方です。

 

各々の特徴を後述しますが、店頭で試着してみて、自分の好みのものを選ぶのがいいと思います。

ポイントとしては、必ず履くものなので、毎回履くことが苦にならないようなものを選ぶことですね!

 

レースアップ

一般的なスニーカーと同じように、自分で紐を結ぶタイプのブーツ。

 

f:id:kocchi130:20160927185532j:plain

今ではほとんど見なくなってしまいましたが、レンタル店などではこのタイプのものが使用されていることが多いです。

 

締め上げ方を細かく調整できるのが利点ですが、この紐の締め上げがとても大変です。ゆるんでしまうといけないので、力を込めて絞めるのですが、力がいるので女性にはちょっと大変です。

 

 

2か所で絞めるタイプ

これは各メーカーが各々のシステムで使用しているのですが、例えば私の使用しているBURTONでは、「スピードゾーンレーシングシステム」とう名称。

 

f:id:kocchi130:20160927190620j:plain

 

写真の赤丸のところに小さな突起がありますが、この突起、足の内側と外側の両側についています。そこに引っかかっている紐を引くことによって、外側を引くと脛、内側を引くと甲にかかる紐を、それぞれ絞めることができる優れもの。

 

引くだけなので大した力はいりませんし、甲はきつく締めたいけど、脛は少し緩くしたいといった、個人の好みに合わせて絞めることができます。

 

前述のように、各メーカーから同様のシステムの締め方ができるブーツが発売されています。基本的には同じ原理ですが、引く部分の作りや、その引いた紐を収める方法、脱ぐときのロック解除の方法などは微妙に違うので、その違いも確認しておくのがおすすめ。

より自分に合った仕様のものを選べるといいかと思います。

 

 

ダイアルを回して絞めるタイプ

ダイアルを回して絞めるというシステムは、Boa®クロージャーシステムといい、一般的に「Boa」と言われます。靴紐の代わりにワイヤーを用い、ダイヤルを回すことによりそのワイヤーを締め付けるといったシステム。

 

f:id:kocchi130:20160927192221j:plain

 

赤丸のようなダイアルが足の両側にあるので、それをまわして、脛と甲をそれぞれ絞めます。ロックの解除は、脛にある青丸で囲んだダイアルを使用します。

 

靴ひもを締めるのが劇的に楽なタイプのブーツです。

欠点としては、絞める強さが均一であるため、部分的な締め方の強弱調整が行ない辛いこと。

 

ちなみにこのBoaシステム、今では一般の靴にも採用されているようです。決してスノーボードブーツだけのシステムではないようです^^

 

Boaシステムの開発元会社があり、そのシステムを利用しているということになるので、このシステム名はブーツのメーカーが違っても皆、Boaと呼ばれます。

 

 

 

サイズ選び

さて、ブーツの種類が分かったところで、サイズ選びです。

まず言えるのは、サイズで妥協しないこと。

そしてしっかり試着をし、ベストなサイズを見つけること。

スノーボードをしにゲレンデへ行くと、ずっと履いていることになるブーツですから、真剣に選ぶ必要があります。

 

足のサイズを確認しよう

今はどこのショップ(プロショップや、正規取扱店として販売している量販店)でも、足のサイズを測る道具があるはずなので、一回はそれで確認してみるのがおすすめ。

自分で思っているよりも裸足は小さいものですよ、本当に!

 

f:id:kocchi130:20160927200939j:plain

▲こんな感じの実寸を測るものがあるはず

 

片っ端から試し履きをしよう

ブーツは様々なメーカーから発売されていますが、それぞれ基本にしている足形が違います。そしてモデルによっても、その足形やインナーの作りが違ったりします。

なので、自分の足にピタッと来る、もしくは履いていて痛いところや違和感のないブーツを見つけることが大切

 

そしていいな、というブーツを見つけたら、今度はそのブーツの在庫もいくつか出してもらって、店頭に出ているものと履き比べることができたらベスト!

なぜなら、店頭にでているものはすでに多くの人が試着していたりして、若干クセがついていたりするし、実はブーツ個体によっても微妙にフィット感がちがうもの。

 

時間に余裕があるのなら、店員さんに頼んでみるといいかもしれないです。もしも時間の余裕がなくいけどその場で購入する!なんて場合は、店員さんが「新しいの出してきますね~」なんて言って持ってきてくれたものだけでも、フィット感の確認をするといいと思います!

 

そして、試着の際に確認するポイントもいくつかあります。

簡単に項目だけ挙げておきますね!

 

①ショップで貸してくれる、スノーボード用のソックスを履いて試着する

②ブーツを履いて立ち、フィット感を確認

 →普通に歩いたりしてみて、その状態ですでに痛い部分があるものはNG

③滑っている時のように、つま先とかかと交互に体重を乗せて、フィット感を確認

 →フィット感:つま先が痛かったり、かかとが大幅に浮くものはサイズが合っていないのでNG

 →動かすことで痛い部分がある場合はNG

 

試着時にチェックするポイントは、ちゃんとしたショップなら店員さんがアドバイスしてくれるはず。そのアドバイスに従って、確認してみてください。

 

f:id:kocchi130:20160927202958j:plain

Burton.com | Burton Snowboardsより拝借

 

 

ブーツの硬さ

さてこの項目、結構大切です。

たくさん試着をしていくとわかるのですが、ブーツはそれぞれ硬さか違います。

 

硬いってどういうこと?という方は、例えば、ゴム長靴とエンジニアブーツを履いたときの、足首の曲げやすさの違い、脛部分の硬さの違いなんかをイメージしてもらうといいかと。

スノーボードのブーツでも、その部分の硬さの違いがあるのです。

 

一般的には柔らかいものを初心者向けといった感じで紹介されていますが、私としては、これは個人の好みと身体能力の差、そしてライディングスタイル(滑るときにどんなことをするか・したいか)で、合う合わないが出てくると思います。

たとえば、たとえ初心者でも脚力がある人、足首が柔らかい人は硬いブーツでもいいと思う。

 

ちなみに私は、あまり脚力がないですし足首もガチガチに硬いので、歴の長い経験者ですが、若干柔らかいものを選んでいます。

前のブーツをはき始めたころはまだ新しくて硬かったため、なじませるのに苦労しましたし、なじませるまでのライディングは相当不自然な姿勢になっていたと思います。

 

逆に私の夫は、脚力が強く地形遊びが好きなため、踏み込む力や体重のかけ方も激しいです。すると、柔らかいブーツだとすぐヘタるようで、硬いものを選んでいるようです。

 

このように、硬さって自分のポテンシャルを100%発揮するために重要な要素です。とはいえこればかりは経験しないとわからないため、初めて買うときには判断し辛い部分かもしれないです。

本当に初めて買うときは、信頼できる経験者の友達や、店員さんのアドバイスを参考に選んでみてくださいね。

 

f:id:kocchi130:20160927203755j:plain

Burton.com | Burton Snowboardsより拝借

 

 

最後に

実はまだインソールという重要な要素もあるのですが、今回はこれぐらいにしておきます!

初心者の時って、何をどう選べばいいのかわからないのが現実。私もわからなかったので、経験者である知人に同行してもらい、アドバイスをもらいながら選びました。

 

一度購入して使ってみると、様々な合う合わないに直面するわけですが(試着だけでは100%わからなかったりするのもです)、それもまた勉強と捉え、次の買い替え時の糧にするわけです^^

 

たとえ数回使って合わなかったとしても、今はフリマアプリやヤフオクなどでリセールすることもできますので、その売れたお金をを元手に、新たな自分のパートナー=道具を探してみるものアリだと思います!

 

では、楽しいスノーボードライフを!!

 

 

-----------

▼ランキングに参加中。
 クリックして応援していただけると更新の励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ