読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凛と柔く。

女(35歳)/会社員/既婚/子なし▶日常を綴るブログ

愛用暦6年!オーダーメイド枕「じぶんまくら」

いまからおよそ6年前。日々しっかり睡眠をとっても、なんだか頭が鈍重い感じだったり、首の痛み・凝りに悩まされて いました。なぜだだろうと意識をしてみたら、その痛みなどを一番感じるのが、事もあろうに朝目覚めた時だったのです。

 

直感的に、枕がダメだと思った私は、その後色々試してみました。枕無しにしてみたり、枕ではなくタオルを代わりに してみたりetc。
それでもイマイチしっくりこなくて、どうしたものかと考えていた時に出会ったのが、タイトルにも書いた「じぶんまくら」でした。

 

その値段に躊躇しましたが思い切って購入。いそいそと使い始めたところ、頭痛や首の痛みが軽減。最終的にはほぼないといっていいぐらいにまで改善しました。眠りも深くなった気がしますし、気持ちよく朝目覚めることができるようになったのでした。

 

その素晴らしさのあまり、その後結婚した夫にも薦め、いまや二人揃ってユーザーです。
そんなオーダーメイドで作ってもらう「じぶんまくら」について、書いてみようと思います。

 

f:id:kocchi130:20161005175011j:plain

▲手前が夫、奥が私の枕です。3年ほど後に夫が購入したのですが、その3年で表面の素材が変わってたw

  

 

  

「じぶんまくら」ってなに?

全国展開しているタナカふとんサービス(ふとんのタナカ)が行っている、オーダーメイドの枕作成サービス及び、そのまくらのこと。
体の測定をし、それをもとに高さや枕の中材などを調整し、自分にぴったりの枕を作ってもらえるのです。

 

ちなみにお値段は、25,000円(税別)!私には高い買い物だったなぁw

プレミアムというラインもあって、フレグランスで香りを楽しめるタイプらしいですが、そちらは35,000円(税別)。

 

f:id:kocchi130:20161005174521j:plain

HPより引用

 

jibunmakura.com

 

 

つくりかた

これはもう公式HPを見てもらうのが一番なのですが(上記にリンク貼ってあります)、せっかくなので、HPから画像等引用させて頂き、説明します。

今見てみると、私が作った当時とは微妙に違っていたりしますが、ほぼ変わらずです。Step1と2は逆だったかな。

 

Step.1/中材を選ぶ

私が作った時は自分で選ぶなんてことはなかったですね(・・;)スタッフさんが選んで入れてくれた記憶が・・・。
とはいえ、どれがいいかと言われても困っただろうと予想されるので、選んでいただいてよかったと思います。

 

中材は全部で8種類。
 ・つぶ綿
 ・コルマビーズ
 ・アクアビーズ
 ・備長炭エアセル
 ・パフタッチ
 ・銅パイプ
 ・そば殻
 ・エラストマー

 

f:id:kocchi130:20161005174728j:plain

 

なんと私、自分の枕に何が入っているかしっかり把握できていません( ̄ー ̄;今度開けて見てみようっと。つぶ綿とコルマビーズは入っているんですけどね。

 

この、中材を入れて枕を作っているのを見るのが面白いのです。
なぜならこのじぶんまくら、14個もポケットがあって、それぞれのポケットに巨大なろうとを使用して中材を入れていくのが、まるで実験みたいなんです!職人の手元を見るのが好きな私としては、思わずじーっと見てしまう工程w

 

f:id:kocchi130:20161005174847j:plain

▲私の枕。開くと、14個のポケットがあります!

 

 

Step.2/体型測定

下の画像では小さくしか映っていないのですが、立ったまま体の測定をしました。後頭部(頭)・背中・腰・お尻の測定、そして体重までも!それら全てが枕を作る為に必要なの細かなデータとのことで、驚いた記憶が。

このデータを基に、枕の高さや硬さを決めるのです。

 

f:id:kocchi130:20161005174805j:plain

 

 

Step.3/作成・調整

中材をおおかた入れ終わったら、今度は店内に幾つもあるベッドを使用し、実際に寝転がった状態で、高さや硬さの微調整をします。

ポイントは、調整で使用するベッドを、できるだけ自分が普段使用しているベッドと同じぐらいの固さのものにすること。

 

マットレスの固さで体の沈み込み具合が変わるので、必然的に、枕の高さもそれに合わせることになります。自宅で使用した時にベストな枕になる様に、このポイントはぜひ押さえておいて頂きたい!(たぶんスタッフさんがそう言って下さると思いますが。)

 

f:id:kocchi130:20161005174826j:plain

 

 

Step.4/完成・出来上がり 

初回はちょっと時間が掛かりますが、その日のうちにちゃんと持ち帰ることができます。その後も無料メンテナンスをしてもらえるので、たとえ一度でしっくりこなくても、何度でも調整可能です。

あとは、あまりオススメはしないですが、高い場合は自分で中材を抜いてしまうことも可能。私、何回かやってますw

 

 

よいところ

自分に合った枕であること!

オーダーメイドなので当たり前のことですが、初めてこの枕で寝るとちょっとびっくりします。
今まではなかなか定まらなかった頭の位置が、ピタッと合います。そして寝返りを打ってもピタっと自分の肩の高さに合う。すごく気持ちいです。
頭の位置が瞬時に定まることで、すんなり睡眠に入っていけると思います。

 

 

頭・首・肩が痛くならない

オーダーメイドであるが故、無理な寝姿勢になることがないので、首や肩を痛めることもありません。頭痛・肩凝りを持っている方にはぜひ試してみてほしい。偏頭痛持ちの方にもきっといいのではないかなぁ。。。

 

f:id:kocchi130:20161005175213j:plain

 

 

メンテナンスが無料!どの店舗でもOK!

じぶんまくらのうたい文句でもあるわけですが、作ったらその後、メンテナンスは無料です。そのメンテも、じぶんまくらに対応してる全国にある店舗どこでもOK。

ただし、予約を取った方がよいです!

私が現在お世話になっている店舗は、郊外のショッピングモール内なのですが、やはりそういった店舗は込み合います。逆に、路面店だと予約なしで行ってしまったこともありますが、すんなり受け付けて下さいました。

 

 

メンテナンスで押さえておくといいポイント

3か月ごとに行うと調子がいい

まくらを作ると3か月ごとのメンテナンスを勧められるのですが、個人的にそのスパンに納得しています。

というのも、多く使われることになるつぶ綿(私の場合、左右の大きなポケットはつぶ綿が入ってます)が、だいたい3か月で硬くなってきます( ̄ー ̄;

 

以前、半年以上メンテに行けなかった時、、交換してもらうとそのふわふわ具合に驚きでした!毎日使っていると、素材の弾力が変わってきているなんて気付かなかったのですが、これはやはり3か月で行かねばと思った次第です。

 

 

ご指名スタッフを見つける

まくらを作ってくれるのも、メンテしてくれるのも、店舗のスタッフです。するとどうしても、個人の力量の差が出てしまうものです。
どれだけ細かくチェックしてくれるか、話しやすいか、受け答えはうまくしてもらえるか等、人によってフィーリングは色々。

 

私も今まで3店舗で何人もの方にメンテをしてもらってきましたが、先日、とうとう「今後も指名したい!」というスタッフさんに出会いました。

実はそれ以降まだ行っていないので、「指名」が出来るのかはわからないのですが、予約する際にはぜひそれを伝えてみようと思います。

 

信頼して任せられるスタッフさんがいることで、億劫にならずにメンテに行けるようになるような気がします^^

 

 

その他色々

★専用カバーがあります

案外大きいこの枕、店舗で専用カバーを購入できます。初めて作る時は、1枚サービスでもらえた気が。(私の時は2枚サービスでしたが、数年後に夫が買った時は1枚になっていました)

 

専用カバーでなくても入るには入りますが、一般的な枕カバーのサイズだとちょっと窮屈でした。ギュっと詰め込んでしまうと、せっかく自分に合わせて作ってもらったサイズが変わってしまうので、できればゆったりいれることができるサイズがおすすめ。
自作すれば問題なさそうですが、面倒くさがりな私はまだ作ったことはありません。

 

 

★洗濯について

今回このエントリーを書くにあたりサイトを見ていて驚いたのですが、「中材を入れたままでも、じぶんまくらはお洗濯ができます。 (一部中材を除く)」という記述が!!
なんと、知らなかった・・・。今度メンテに行った時に、スタッフさんに確認してみようと思います。

 

 

★干すことができる

f:id:kocchi130:20161005175257j:plain

 

枕をビラっと開くと、写真の青丸部分のような輪があります。ここをフックなどに掛け、洗濯もののように天日干しすることができます。
中材を入れたままで洗えるってことを知らなかったので、私はこの天日干しで凌いでいました( ̄ー ̄;

 

 

まとめ

・まくらは、4ステップで作成可能
・自分の体を測定して作成する、正真正銘のオーダーメイド
・体の不調(特に、頭痛・肩こり・首のこり)がある人にお勧め
・メンテナンスは3か月を目安に行うとよい
・生活を保つために、洗濯・天日干しをするとよい

 

意識していないと適当な扱いをしてしまう枕ですが、その底力は絶大でした。ぜひお試しを!

 

余談ですが、ふとんタナカが展開する、「じぶん」シリーズ。

気付けば、「じぶん敷ふとん」「じぶん羽毛ふとん」「じぶんマットレス」など、様々な寝具が発表されていました。

いずれはマットも試してみたいと、密かに狙っています。もし購入したら、レビューしますね!

 

 

-----------

▼ランキングに参加中。
 クリックして応援していただけると更新の励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ