読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凛と柔く。

既婚/子なし/会社員/女(35歳)/ 日常を綴るブログ

気づいたら、androp

音楽 音楽-その他

ファッションに関する記事を書きたいのだけど、苦手分野なのでなかなか考えがまとまらず。。。はやく自分の頭の中も記事もまとめたいーーー!

 

ということで、今回もまた、書きたいはずのファッションとは全く違う分野でアップすることにしました(・・;)

 

 ------------------------

 

テレビドラマを観ていると、主題歌・挿入歌がありますが、気になった楽曲は、その曲名やアーティスト名をチェックしています。

 

ここ数年でいくつか気になる楽曲があったのですが、「あれ?またこの人?」となることが多かったです。それはドラマだけでなく、ラジオから流れてきた曲でSHAZAMを利用してチェックしたときなども。

そしてその曲をネットやYoutubeで探してまで、何度も聴きたいと思ってしまうのです。 

 

ここまで重なり、何度も聴きたくなる曲ばかりとなると、もはや単に「この曲が好き」だけでなく「この人の曲が好き」にあたるのでは!?とビックリしたのです。

 

ということでそれは誰だったかといいますと、タイトルにも入れたのでバレバレですが、andropです。

f:id:kocchi130:20160326011843j:plain

▲オフィシャルHPより引用しています

>>andropオフィシャルHP

 

 

まず一番初めに好きだわ~ってチェックしたのはコレ。


androp「Voice」(from 3rd single "Voice" ) 

 

満島ひかり主演のドラマ「woman」の主題歌でした。

>>ドラマ「woman」HP

 

オープニング時の、希望の持てる感じのシーンに流れてくる「ウォーォォォー!」にワクワク感が溢れていました。

このドラマ、全体的に重苦しい雰囲気が漂っていたので、初めに流れるこの曲が対照的な清清しさで印象的だった。

 

 

そして次にチェックしたのがコレ。


androp「Shout」(from 5th single "Shout" ) 

 

松雪泰子主演のドラマ「家族狩り」の主題歌。

>>ドラマ「家族狩り」HP

 

このドラマは緊張感と悲しみに溢れたものだったのだけど、この主題歌はだいたいクライマックスや終わりに差し掛かる頃のに流れていました。

曲の入りの頼りなさそうで切ない声によりドラマが盛り上がるのだけど、私も一発で「コレ誰!?」と惚れました。

 

サビでも盛り上がりつつもどこか悲しい。好きだな~この曲。

前の「voce」とは全然イメージが違ったので、チェックするまで誰かわからなかった。

 

 

そして次にチェックしたのがコレ。


androp「Ghost」(from 6th Single "Ghost" ) 

 

中谷美紀主演のドラマ「ゴーストライター」の主題歌。

>>ドラマ「ゴーストライター」HP

 

もうね、さすがにわかりました。

1話目をみて、ラストにこの曲が流れ出して、「なんて綺麗なピアノ。ドラマにぴったり!」とか思ってたらこの声ですよ。

「あ、まただ。またandropの曲いいと思った!」って。このあたりで、andoropのこと好きなんじゃ疑惑がでてきましたね、自分の中で。

 

 

そして最後にコレ。

>>andorop「Neko」

 

残念ながらアルバム収録曲で動画などは見つけられなかったのだけど。

これはラジオから流れてきた曲で、すぐさまSAZHAMしたね。そしたらまたandropだったね。

もうね、わたしきっとすきなんです、andoropの曲が。

 

 

 

歳を重ねて、自分の好きな音楽というのが割りとハッキリしてきて、さらには売れても次第に名前を聞かなくなっていくアーティストも多いので、そんな音楽シーンに興味を持てなくなり、音楽番組を見ることもなくなりました。

好きなアーティストのCDを買って、彼らの曲を聴くことができればそれで音楽に対する欲は満たされてしまう。

 

そうなってくると、新しく好きになるアーティストはめったにいない。

ラジオで頻繁に聞いて好きだなと思う曲があっても、続けて好きだと思える曲ばかりを作っているアーティストは稀。

 

でもandropは、ことごとく心に残って、何度もyoutubeで聴いちゃうぐらいに好き。

メンバーがどんな人かとか全く興味はわかないのだけど(ファンの方、すみません。)、でも曲はとても好き。

 

久しぶりにいいな~と思い続けられるバンドができて、とてもうれしい!

彼らはタイアップ曲がすごく多いみたいなので、これからもずっと曲を聴く機会が続きそうなのもうれしい限りです。

 

いつか、アルバムも聴いてみようと思います!