凛と柔く

芯をもってしなやかに、じぶん基準で生きる

七輪BBQ、簡単火起こしをレクチャーしてみた。

最近は週末に天気がよくてうれしい限り。洗濯もよく乾いて気持ち良いです^^

 

さて、先週のことですが、またしても夫の思い付き七輪BBQ(肉オンリー)を庭でこそっと行いました。

前日の夜に「明日BBQしよう」と言い出して、次のお昼頃に肉を買いに行き、昼~夕方ごろにBBQ。暖かくなってきてからはよくあるパターンです(・・;)

 

以前書いた七輪BBQのエントリーがアクセス多いようですし、今回はそんな思い付きBBQの開始までを追ってみたいと思います。

 

kocchi.hatenablog.com

 

  

まず火おこし

何はなくとも火が必要。ということで、火を起こします。

 

f:id:kocchi130:20160521094902j:plain

 

夫が使用していたのは、100円ショップで買ったらしい固形燃料。なんかパサパサした不思議な物体でした。(←いつも自分でやらないからよく知らない)

以前もご紹介した、100円ショップに売られているという「かき揚げリング」なるものを使用するようです。

 

 

炭を投入

固形燃料に火が付いたら、炭を投入。

 

f:id:kocchi130:20160521095122j:plain

 

かき揚げリングのリング部分に、炭を立てて入れます。

火は下から上に向けて立ちますから、寝かせるより立てたほうが火が付きやすいわけですね。ふむふむ。

 

 

風を送り込む

ある程度火がついて、部分的に炭が白くなったら、風を送ってさらに火の付きを良くします。

 

f:id:kocchi130:20160521095346j:plain

 

使用しているのは、夫特製のふいご。でもこれ、「もどき」なんだそうな。本当は100円ショップの自転車用空気入れなんだって!触らせてもらうと、ものすごく軽いプラスチックだった。

うーん。夫は100円ショップでなんちゃってグッズを見つける才能がある(笑)

 

f:id:kocchi130:20160521095526j:plain

 

 本当のキャンプ用とかだとこんなんらしい▼

キャプテンスタッグ バッファロー送風機 M-7579

キャプテンスタッグ バッファロー送風機 M-7579

 

 

 

火が付いたら、消し炭投入

f:id:kocchi130:20160521100444j:plain

 

だいぶ火もついてきました。

この状態になったら、炭の隙間に消し炭をポロポロ入れていきます。

 

f:id:kocchi130:20160426224132j:plain

 

以前ご紹介した、上記画像の炭壺。ペンキ缶をカスタマイズしたものですが、中をみるとこんな感じ。

 

f:id:kocchi130:20160521100612j:plain

 

前回使用した炭が入っています。

(七輪だと省エネならぬ省炭で焼けるので、あまり大きな炭は残らなくて、だいたいこの缶に収まる大きさ程度でしか残りません。)

この細々した消し炭を隙間に入れて、火力アップさせます。

 

ここまできたらもう完成。

あとはかき揚げリングを抜き、炭を慣らして網を乗せればもう焼けます!

ここまでかかる時間は30分ほどかな??炭に完全に火を定着させるのにだけ時間がかかる感じですね。こればっかりはね(笑)

 

 

いただきまーす

f:id:kocchi130:20160521101243j:plain

 

相も変わらず、庭で2人の七輪BBQなのでした。

 

 

夫からのリクエスト

夫から、炭壺についてちゃんと書いてと言われましたので。

前述の炭壺ですが、実はこんなことも配慮してチョイスされたようです。

 

f:id:kocchi130:20160521102008j:plain

 

七輪の穴にすっぽり収まるよーん。片づけるときには省スペース!

夫の不思議なこだわりと工夫がが随所にみられる、お手軽&安上りBBQ道具たちなのでした。

 

 

【追記】七輪BBQの追加エントリー書きました 

kocchi.hatenablog.com